本文へスキップ

リスクコミュニケーションを実践する NPO HSE Risk C-Cube

出版物PUBLICATION

広報誌「しーきゅうぶ東海村」                   

原子力事業所の安全対策を市民の目線で確認する「視察プログラム」を提案し、”いつもの見学会ではないものを!”をコンセプトに、繰り返しリスクコミュニケーションを行う活動をしました。この活動の結果を中心に、広報誌「しーきゅうぶ東海村」を発行しています。これまで発行した広報誌は下記から閲覧・入手できます。


記念誌 ※公開準備中

NPO法人設立10年の節目に、これまでの活動を1冊の冊子「原子力利用を進めた村からの一歩 市民が関わる原子力の安全と安心を目指して〜しーきゅうぶ東海村の10年〜」を発行いたしました。現在は、事務局にお申込みいただいた方に1冊1000円(送料別)でご提供しています。29年度にはこのページで全文公開予定です。

目次
はじめに
視察プログラムが目指すもの
T 日本原子力研究開発機構
U 日本原子力発電株式会社
V 原子燃料工業株式会社
W 三菱原子燃料株式会社
X 原子力防災の取組
Y その他の活動
Z しーきゅうぶの一員として
[ おわりに

資料編
 活動年表、広報誌発行記録、リスク勉強会や市民講座の実施記録、広報誌第16号


特定非営利活動法人HSEリスク・シーキューブ

〒319-1109
茨城県那珂郡東海村白方中央1−1−5