NPOのページへ戻る

リスクコミュニケーションの部屋へようこそ



 C3プロジェクトが目指すリスクコミュニケーションについて、より多くの方に知っていただくため、 リスクコミュニケーションとは何かを学ぶ部屋とリスクコミュニケーションを実践するための知識を提供する部屋を用意しました。


リスクコミュニケーションとは何か
リスクコミュニケーションの定義
リスクコミュニケーションの歴史
リスクコミュニケーションが求められる社会的背景
リスクコミュニケーションが必要となる局面
成功事例,失敗事例

リスクコミュニケーションを実践する
実践の前に解決すべきこと
リスクコミュニケーションにおける組織問題の重要性
あなたの組織に対する信頼をチェックする(工事中)
人々のリスクの感じ方を理解する
リスクコミュニケーションのプロセス
目標を設定する
受け手は誰か、どんな人々かを理解する
情報の伝え方(メディアの選択)を考える
手法ごとの長所・短所をご紹介
情報を集め、適切なリスク・メッセージを作成する
コミュニケーション計画を作る
実施
受け手、担当者の立場、状況別チェックポイントをご紹介
評価と改善


このサイトの基本的内容は,大阪大学ミレニアムプロジェクトで作成したものです。プロジェクト終了後,当NPOが譲り受け,公開してきました。内容の使用にあたっては,当NPOにお問い合わせください。

リスクコミュニケーションの実践に関わる内容の多くはLundgren & McMakinによる “Risk Communication: A Handbook for Communicating Environmental, Safety, and Health Risks”, Battelle Press を参考にしています。

| 章の先頭へ  | 前へ | 次へ | 次の章へ | トップページへ |